« 道具を使って | トップページ | 東京都マスターズ »

2015年3月14日 (土)

掌のむきと肩の位置

今日は上級クロールだけ出てきました。


swim 50m x 4本
  リカバリーの時、掌を内側もしくは下に向けて
  肩を外旋させるようにして肩をあげてくる。

  これは、フィニッシュの時に手のひらが上を向いて
  しまうのではなく、親指をしたにして掌を内側に向けて
  抜く感覚です。

  考えてみると、掌が上(背中側)を向いていると、
  肩の位置は中心線より下(腹側)になるし、
  掌が下(腹側)を向いていると、肩の位置は中心線より
  上(背中側)に動かしやすいです。

  つまりリカバリが楽になります。

  この掌のむきと肩の位置に気が付いたのは収穫でした。


pull 25m x 4本
  catch のみ
  前に出した手を肘から曲げて、少し肘を外側に
  出しながら、90度まで曲げる。
  ほとんど進まない。無理に進もうとしない事。

pull 12.5m おまけ

pull 25m x 5回
  catch から stroke
90度曲げた位置から、角度掌はそのままに、
  肘を脇に締める。
  締めることで推進力を生む。
2本目からはボールを握って、掌で推進力を
  生まないようにした。

pull 25m 4本
  finish
肘を脇につけた状態から後ろへpush
開始時点は肘は90度に曲がっているはず。
  最後は、リカバリの時と同じように、掌を
  内側にして抜く。
  決して掌を上にして跳ね上げない。

pull 25m
上記一連の動作を片手ずつやってクロール


レッスン合計 550m

自主練習

習ったストロークを意識して

swim 50m x 3本  Fr

swim 50m x 2本  Ba
Baも同じで、脇締めを意識したストローク

down 100m


合計  900m

3月の総距離  31300m

今年の総距離  159500m

« 道具を使って | トップページ | 東京都マスターズ »

練習日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掌のむきと肩の位置:

« 道具を使って | トップページ | 東京都マスターズ »